攻撃性のある虫

蜂

非常に変わった形状

蜂には攻撃性の強いスズメバチから大人しいミツバチまで幅広く種類があります。ミツバチはそのなかでも駆除しやすい部類に入りますが、巣を見つけるのが大変です。スズメバチであれば球形になっていますが、ミツバチの場合は板状になっています。これは専門用語で巣板とよばれるものです。この巣板が何枚も並んでいるのがミツバチの巣です。蜂の中でも非常に変わった形状を持っています。色は蜜の色をしています。この巣板は人間の家の床下の隙間などに作られる傾向があります。ミツバチが家の周辺でよく見かけるようになっても、まさか自分の家の床下にできていることに気がつきにくいです。しかしながら、放置しておくと数万匹になることも珍しくありませんので、徹底的に駆除をしましょう。近年は、専門業者が全国各地にあるので、すぐ依頼することが可能です。

巣をどんどん拡大

ミツバチは他の蜂が1年以内に死ぬのに対して非常に長寿です。たいていの蜂は冬の寒さに耐え切れずに年を越すことができませんが、ミツバチは寄せ集まって体を温めあいます。そうして冬を越すことができるのです。しかしながら、その分だけ巣をどんどん拡大していき数を増やしていきます。ミツバチの駆除は他の蜂よりも難易度が低いですが、きちんと準備をしないと駆除できません。たとえば、ゴキブリ用の殺虫剤はミツバチには効きません。アシナガバチやスズメバチなどのほかの蜂であれば耐久性が低いので、どのような殺虫剤でも問題ありません。しかし、ミツバチはハチ専用の殺虫剤でなければいけません。巣に集中的に噴射した後は巣を撤去しましょう。撤去した後は蜜が溜まっているので、お湯で洗い流します。