早めの依頼が大切です

散布機を持つ人

庭にも巣を作ります

庭で飼っている犬や子供が蜂に刺される被害が増えています。蜂は植え込みや床下など一見すると目には付きにくい場所にも巣を作ることがあるため、巣の存在に気づかずにうっかりと近づいてしまうことが増えているからです。人を刺す蜂にはミツバチやアシナガバチをはじめキイロスズメバチやオオスズメバチなどがいますが、いずれの蜂も民家のすぐそばに巣を作ります。とくに庭でガーデニングを行っている場合には蛹のエサとなる花の蜜や昆虫がたくさんいることから蜂が巣を作りやすい環境となります。蜂の大群に集団で刺されたり以前に刺された経験のある場合はショック症状を起こす危険性もあることから、蜂の巣を見つけた際にはすぐに駆除することが大切です。

手軽に利用できます

道路や電柱など公共空間にある蜂の巣は自治体に依頼すればすぐに駆除してくれますが、自宅の敷地内の場合には原則として家主が対応する必要があります。蜂の巣を放置して近隣の方に被害が出た場合は家主に賠償責任が生じることもあるので、巣を見つけた際には早めに駆除依頼を出すようにしましょう。蜂の巣駆除の依頼はネットから手軽に行えます。一括サイトを利用すればすぐに駆け付けてくれる専門業者を紹介してくれます。紹介してくれる専門業者は業務経験が豊富なプロフェッショナルばかりとなっているので、木の上や屋根など入り組んだ場所に作られた巣も短時間で撤去してくれます。蜂の巣駆除の詳細を訪ねたい場合にはメールや電話で直接サイトに問い合わせることもできるなどわかりやすいシステムとなっているので、ネットからの依頼に苦手意識のある高齢者の方でも安心です。